まちの見方を180度変えるローカルメディアづくり
~CIRCULATION KYOTO(サーキュレーション キョウト)~
ワークショップ|2017

2017年度、ロームシアター京都にて開催されたローカルメディアづくりワークショップ。一般公募から選ばれた40名の参加者が、地元キーパーソン、ディレクターチームと協働し、京都市内の5つのエリア(北区、右京区、西京区、伏見区、山科区)に分かれ、それぞれの地域にふさわしい“まちの見方を180度変えるローカルメディア”を一年かけて構想・発表するプロジェクトです。千十一編集室で企画協力およびプロジェクト・ディレクションを行いました。

サーキュレーションキョウトホームページ

キックオフトーク(Photo: Miki Nozawa)
公開プレゼンテーション(Photo: Kai Maetani)

アイデアを発表したり、制作すること自体を目的とするのではなく、コミュニティを根付かせ、地域における必然性のあるメディアを構想・発表した成果は、2018年、実際に5つのエリアで舞台作品を上演するプロジェクトに引き継がれることになります。
地元の人とよそものが協働し、舞台作品を上演する「劇場」のあり方を拡張するCIRCULATION KYOTO。このように、地域市民と連携し、新たな観客層を掘り起こすプロジェクトは今後、様々な課題を抱える各地の劇場や美術館などでますます取り入れられるようになると考えています。

主催
公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団(ロームシアター京都、京都市東部文化会館、京都市呉竹文化センター、京都市西文化会館ウエスティ、京都市北文化会館、京都市右京ふれあい文化会館)、京都市
企画製作
ロームシアター京都
企画協力
千十一編集室
助成
平成29年度 文化庁 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業
プロジェクト・ディレクター
影山裕樹(編集者/千十一編集室)
アートディレクター
加藤賢策(アートディレクター/ラボラトリーズ)
エディター
上條桂子(編集者)
リサーチディレクター
榊原充大(都市建築等リサーチ/RAD)
制作
武田知也(ロームシアター京都)

トップページへ