クリエイティブサポートレッツ×EDIT LOCAL「福祉を編集する!」
ワークショップ|2021

福祉を編集する!福祉施設のPR・編集・情報発信について学ぶ 合宿型実践ワークショップ

障害や国籍、性差、年齢などあらゆる「ちがい」を乗り越えて人間が本来もっている「生きる力」「自分を表現する力」を見つめていく場を提供している浜松市内の認定NPO法人「クリエイティブサポートレッツ」が、地域を編集するプロフェッショナルをつくる、伝えるウェブマガジン「EDIT LOCAL」とコラボし、福祉施設のメディア表現について学ぶ2泊3日集中ワークショップを開催。会場はレッツが運営する「たけし文化センター連尺町」など。ワークショップの最終日は一般公開プレゼンテーションを行いました。そこで発表されたプランを元に3つのチームごとに分かれ2022年3月にオリジナルのzineを制作・発表するというワークショップです。今回はLOCAL MEME Projectsの方法を用いたワークショップを行いました。

講師プロフィール:

久保田 翠
認定NPO法人クリエイティブサポートレッツ理事長。2000年に設立。障害福祉事業所と文化センターを併設した「たけし文化センター連尺町」が浜松市の中心市街地にあり、街づくりにも深く関与。

小松 理虔
ローカル・アクティビスト。食、観光、文化芸術など地域の企画・メディア制作に関わる。2021年春には、レッツとの共著『ただ、そこにいる人たち』を上梓。

影山 裕樹
編集者、千十一編集室代表。著書に『ローカルメディアのつくりかた』、共著に『新世代エディターズファイル』などがある。

特別ゲスト:igoku編集部
死や老いをまじめに、そしてふまじめに考える、いわき市地域包括ケア推進課によるローカルメディア。WSには創刊編集長の猪狩僚、アートディレクターの高木市之助が参加。

ワークショップスケジュール

12/3(金)
 19:00 顔合わせ及び簡単なオリエンテーション+懇親会 at みかわや/コトバコ
12/4(土)
 10:00 レクチャー at たけし文化センター連尺町 ※参加者に事前に配布する記録集を読み込んできてもらいます。
 13:00 たけし文化センター連尺町の見学&グループディスカッション&まちあるき
 16:30 オンラインレクチャー
 18:00 グループディスカッション&ショートプレゼン at みかわや/コトバコ
12/5(日)
 10:00 グループワーク at 鴨江アートセンター
 15:00 公開プレゼンテーション
 17:00 講評およびディスカッション、懇親会
2022年1月 オンラインでのフォローアップ
2022年3月 グループごとに作成したオリジナルのzineを発行

会場:

・たけし文化センター連尺町
(静岡県浜松市中区連尺町314−30)
・みかわや/コトバコ
(静岡県浜松市中区尾張町126−1)
・鴨江アートセンター
(静岡県浜松市中区鴨江町1)

認定NPO法人クリエイティブサポートレッツ×EDIT LOCAL
「福祉を編集する!」
福祉施設のPR・編集・情報発信について学ぶ合宿型実践ワークショップ
12月3日(金)- 5日(日) @浜松市内

文化庁委託事業「令和3年度障害者等による文化芸術活動推進事業(文化芸術による共生社会の推進を含む)」
主催:文化庁、認定NPO法人クリエイティブサポートレッツ+EDIT LOCAL

トップページへ